福祉・介護職員等特定処遇改善加算

■福祉・介護職員等特定処遇改善加算とは
福祉・介護職員等の確保・定着につなげていくため、従来の処遇改善加算に加え、経験・技能のある障害福祉人材に対し、更なる処遇改善を行うための制度として創設されました。

 

■算定要件
当該加算算定のために、下記の要件を満たしている必要があります。
・現行の処遇改善加算機銑靴鮖残蠅靴討い襪海
・現場環境要件について、「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」「その他」の区分で、それぞれ1つ以上取り組んでいること
・賃上げ以外の処遇改善の取り組みの見える化を行っていること

 

■職場環境要件の提示について
見える化要件に基づき、賃金以外の処遇改善に関する特定非営利活動法人コミュニティワークスの具体的な取り組み内容を下記に提示します。
【資質の向上】
・研修の受講やキャリア段位制度と人事考課との連動
【労働環境・処遇の改善】
・ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容の改善
・健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩室・分煙スペースの整備
【その他】
・職員の増員による業務負担の軽減

コメント
コメントする